便秘と奥様ホルモン

便秘で悩む他人の約9割はおばさんという名称の事からもわかるように、便秘はおばさんの天敵と考えますよね。
でも、なぜ便秘が女性陣に多いかと言われると、そちら側はおばさんホルモンに影響されるせいです。

 

おばさんホルモンは卵巣から分泌なさっているホルモンで、エストロゲンと言われる卵胞ホルモンという、プロゲステロンと言われる黄体ホルモンの2様々が付きまといます。

 

卵胞ホルモン(エストロゲン)はおばさんらしさをもくろんだおばさんホルモンです。
思春期から分泌数量が一杯なり、おばさんらしい姿勢を発明して行くと思います。
受胎を考えて子宮の中におきまして膜を太くしてみたりとか、受精卵の着フロアーを促したりすることになります。
また卵を始めるホルモンとも言えます。

 

黄体ホルモン(プロゲステロン)は受胎をもくろんだおばさんホルモンです。
受精卵が着フロアーされるのが容易ことを目標に子宮時膜のシーンを整え、受胎始めたならば、受胎を保持するプラスをあります。

 

便秘によろしくないとされているところは、この黄体ホルモン(プロゲステロン)のユーザーです。
黄体ホルモンの分泌にて、身体全体への水気や塩気の体得はキビキビ作り上げられます。
その影響で、大腸の腸バリヤを経由した形でもちょくちょく便の水気が体得が行われ、便が肩に力が入ってしまい排便出来ない便に換えてしまうようです。
黄体ホルモンの分泌が旺盛な月経の前に便秘な点はこのことからとも言えます。

 

こういった様におばさんホルモンの均衡が元の便秘は疾病じゃないのです。
どちらも女性陣には肝心のホルモンです。
キチンとした知見を最後として、便秘放散をもくろんだ薬などということは用いることなく、動作やマッサージ、食事制限などを利用して乗り切りるべきです。