漢方医学

一般的に見て3太陽以上排泄が見当たらない状況のという事を便秘と噂されていますが、便秘の起きる元凶、あるいは便秘の現象と言うと、やっぱり百人百様ずれます。
西洋医学際には、その元凶各々で下剤といった薬を適用するとか行ない排泄を促進するはずですが、漢方医学際には、同じ便秘でもその人別個慣例や全身クラス、なぜ便に陥らないでしょうか等の原因を鑑みて漢方薬を続けていていくと考えます。

 

漢方で考える便秘のタイプは大別して3タイプです。
1.情熱タイプの便秘
ボディがいつも熱っぽくて赤ら顔、口が乾き易い、口臭がある、小水のトーンが執念深い、冷たいタイプをたしなむ確率が充実しているアナタの便秘です。
このタイプの人様についてはお通じに役立つ、三黄散(様おう様)が活かされます。
ボディを冷やしたり、のぼせや赤ら顔、ハート危惧等に対しても役立ちます。

 

2.寒タイプの便秘
味方が冷えて寒がりの人様、時々腹痛があるが温めるといった軽くなる、口は乾かない、夜中に度々小水に起き上がるというアナタの便秘です。
このタイプについてはボディを温める、桂枝加芍薬薬黄湯(けいただしゃくやくだいおうとう)を用います。

 

3.虚タイプの便秘
モチベーションが沈みのきらいがある人様、体液の材質が欠如するお婆さん、顔色が悪い、心中がぶらぶらすることもある人様に多い便秘です。
このタイプの人様については潤腸湯(じゅんちょうとう)を用います。
この漢方薬はあえて選ぶとすればスタミナの対象外の人様、とくにお婆さんの便秘によく活かされます。

 

とりどりの現象が重なり3つのタイプのどれだとしても合致しないという人様に来るときは、大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)がよく活かされますが、冷え性のヒトはこの薬で腹痛の原因と化しているの可能性もありますのでお気を付け下さい。